はりぃソング

「はりぃソング」

              作詞 コーン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ときめく 心の 鼓動を 信じて

旅立つ 男の その名は はりぃさ

期待と 不安を 背中に 背負って

各駅 停車の 電車に 乗り込む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はじめて 出逢った 京都の 人たち  

いつでも 誰でも ひとりじゃ ないよと 

背中に 触れる手 胸元 ゆらいで 

ほどける 心の 愛しさ 涙に

愛しさ 涙に

愛しさ 涙に

愛しさ 涙に

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうたい ヤジウマ ためして えぇんじゃ

それぞれ みとめて 感じて 味わう

せつない 想いを 許して 溶かして 

いつしか 心が 旅立つ 時まで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はじめて 出逢った 京都の 人たち  

いつでも 誰でも ひとりじゃ ないよと 

背中に 触れる手 胸元 ゆらいで 

ほどける 心の 愛しさ 涙に

愛しさ 涙に

旅立つ 時まで

旅立つ 時まで


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-01 (木) 22:25:49 (2119d)