操体医学研究所 今治療室
 
操体医学研究所 今治療室
 
   

操体医学研究所 今治療室・操体法・仙台勉強会&講習会

操体医学研究所 今治療室・操体法仙台勉強会&講習会

 
温古堂ものがたり
新温古堂ものがたり
勉強会 & 講習会レポート
三軸操法
原稿集
 翁先生のお話  操体おみくじ
コーンせんせの音楽室
仙台操体医学院ブログ

操体法仙台講習会 ヤジウマレポート わくわくやじうま隊

□ 講  師 :操体医学研究所 今治療室 今昭宏先生
□ 受講日 :2002年7月21日(日)13:00から

□ 内容

 東京から参加のTさんを加えて8人でしたでしょうか。会ったことのある人は2人。
それからインターネットで知ってる人がもう2人。

 一昨年と違って、今年は実技が主流でした。まず東京から来たというTさんを実験台として、基本操法カエル足、膝伸ばし、足首ひねり、へっぴりスクワット。
被験者を変えてカワの操体、百会バージョン。
また受ける人が変わって、ゆらゆら操体3態。

 ここまでやったところで、参加者同士の練習が始まりました。
細かい部分で言うと、手でホールドする位置や、力の方向や強さ、自分の体の姿勢、先生の真似をしているつもりなのですが、意外に覚えていないもので、もっと施術する人間にとってわかりやすい写真を撮ろうと決意いたしました。

 私が実験させていただいたのは、足首ひねり、ゆらゆら操体、カワの操体の3種類。
受けたのはカワの操体右大腿後面、ゆらゆら操体です。
 □ 感想

 一年半ぶりの勉強会。この一年間、診療所で試行錯誤してきたことが、大きな意味で間違いでなかったと思いました。もちろん技術的には論外ですが。筋肉の付き方や、コリという体の状態、痛みの位置などが、知識ではなく手で感じられるようになりました。操体も同じ技を何人もの人に、定期的に行うことで、体が覚えていくように思います。

 カワの操体。インターネットでは随分取り上げられていましたが、自分が受けたのは初めてでした。あれから私も、わからないながら患者さんに試させてもらいました。未だによくわからないので、コメントは次回にします。

 ゆらゆら操体に関しては、強さが人によってこれほど違うのか、ということが感動でした。私と組んで下さった方は強めがよくて、私は弱めが好きです。強く揺らしたときの感覚と、優しく揺らしていったときの感覚の違いを感じていただきたくて、弱めもやらせていただきました。未熟ながら気持ちよさを感じて頂いたようで、ありがたい経験でした。




操体法 仙台勉強会 & 講習会 目次
Copyright(c)2003 Akihiro Kon. All RIghts Reserved.